吊り行灯 登場!

浅草を歩いていた時に迷い込んだ薄暗い小路。ぼんやりとあたりを浮かび上がらせていた露地行灯に感動して、古いベッドの木枠を利用した自作の露地行灯を開業以来店頭に置いていた。 今年に入ってその行灯が破損してそのままになっていたのだが、今週ようやく二代目登場。今回は吊り行灯スタイルに変更。なかなかではないかと気に入っているのだ。

星の庵 風の色

本当の小樽らしさは日常と非日常のちょうど狭間の路地裏あたりに潜んでいます。 北海道 小樽の花街、花園のそんな路地裏「嵐山新地」に無国籍バル「風の色」はたたずんでいます。 旅の人も地元の人も、嵐山新地に迷い込んで小樽散策の小さなはしご旅を味わってください。 午後六時から午前零時まで営業/日曜定休/080-55811822(星野)

0コメント

  • 1000 / 1000