路地裏酒場の花たち。

小樽花園の繁華街の中でも最もひなびた風情漂う一角、嵐山新地界隈。そこに風の色はあります。

この花はベルフラワーってやつです。アイアンのプランターは、以前、CM撮影の小道具として美術さんが用意してくれたものを現場終了後に譲ってもらいました。

この「白いブランコ」はCM用に美術さんが作ったものです。出番はなく、そのまま持ち帰ってかれこれ十年くらいは自宅のガレージに眠っていたのですが、突然ホッピーガーデンの花台にしようと思いついて引っ張り出して来ました。

松前で出逢って感激。苗木を松前で手に入れて自宅に植えた御衣黄(ぎょいこう)は黄色く咲いて、薄緑色に変化して、最後は赤く染まって散ってゆきます。自宅のはすでに四半世紀が経過していますが、店のガーデンに櫻を植えたいと思った時に、同じ品種を常連さんに探してもらいました。本州から札幌の造園屋さんを経由して小樽花園にやって来た御衣黄は、今年三回目の花を咲かせています。

花はこれからなのが アレナリア モンタナ。、白い可憐な花を咲かせます。しだれる様子が素敵です。

雨に濡れた花は妖艶でどきどきします。

ベルフラワーも泣いています。

御衣黄も泣いています。

風の色 “ホッピーガーデン” 中央の「神殿」はこんな感じのしつらえになってます。

星の庵 風の色

本当の小樽らしさは日常と非日常のちょうど狭間の路地裏あたりに潜んでいます。 北海道 小樽の花街、花園のそんな路地裏「嵐山新地」に無国籍バル「風の色」はたたずんでいます。 旅の人も地元の人も、嵐山新地に迷い込んで小樽散策の小さなはしご旅を味わってください。 午後六時から午前零時まで営業/日曜定休/080-55811822(星野)

0コメント

  • 1000 / 1000